これってホント?医師の仕事

バイトでありながら手術も行う

医師は、医師の資格を持っていないと行えない仕事です。何らかの医療機関に雇用されるか、自分で医療施設を運営して働くかが一般的です。それ以外には、特定の医療機関に所属せずにアルバイトとして勤務をすることもあります。
病院に通院をする人からすると意外に感じるかもしれませんが、アルバイトを経験している医師は多いとされています。その多くは外来を担当しているようです。外来はその場で診察が終わることが多く、継続的な治療などはは必要ありません。その一方で、かなり重要な仕事をバイトで行うこともあります。それは手術です。外科の技術がある人であれば、救急などで手術の担当をすることもあるようです。外科医でない人が担当することはありません。

日当直の場合の担当科の事実

病院では、勤務医の負担を減らそうとすることがあります。病院は24時間、365日稼働していますから、何らかの形で誰かが病院にいる必要があります。日当直は一定間隔で担当しなければいけません。ただ、負担を減らすためにアルバイトに担当してもらうこともあります。
医師は医師免許を持って仕事をしますが、それぞれの医師は自分の専門を持っています。アルバイトでも、専門の外来を担当するなどすることが多くなります。しかし、日当直の場合にはそうでないこともあるようです。自分の専門でない科の日当直をアルバイトで行う人がかなりいるようです。何かあったときには、専門の担当医を呼んで処置をするので、大きな問題はないのでしょう。患者からすると少し心配もありそうです。

© Copyright Physician Search. All Rights Reserved.