必見!医療関係の仕事状況

医療関係の仕事は医師だけではありません

医療関係の仕事と言うと内科医や外科医と言った専門医をイメージする人が多いのですが、病院の中には色々な患者さんの診察や治療を行う医師だけではなく、医療情報管理者や薬種商、介護支援専門員などの有資格者の仕事もあります。
医療情報管理者は主に規模の大きな病院の中で活躍の場を持つ仕事と言われています。この仕事の特徴は、病院内で利用するカルテ等を必要に応じて直ぐに提供出来るように管理を行う事です。最近は電子カルテを利用する病院が増えていますが、電子カルテを活用するためには情報やデータを加工する、分析を行うなどが必要で、医療情報管理者により医療の安全管理および医療品質の向上に貢献する事が出来るようになります。

薬種商や介護支援専門員も医療現場には欠かせない仕事です

薬種商と言うのは薬剤師の資格を持ち、薬に対する専門知識、特別な実務経験を持つ薬を販売する経営者の事を意味しています。最近は病院の中に調剤薬局がなく、医師から受け取った処方箋を病院外の調剤薬局に持参すると、処方箋に書かれている薬を処方して貰えるようになっています。
医薬品は治療には欠かせない存在ではありますが、使い方を間違えると人体への悪影響を与えると言うリスクがあるため、専門知識や実務経験が問われるのです。
介護支援専門員はケアマネージャーとも言われている有資格者です。
高齢者を初め障害等で要支援や要介護と言う認定を受けた家族からの相談を受け、在宅や施設で適切なサービスが受けられるように、介護サービス計画の立案、関係機関との連絡調整を行うなどが主な仕事になります。

© Copyright Physician Search. All Rights Reserved.